アクションプラン

次世代育成支援対策推進法(以下、次世代法)および女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(以下、女性活躍推進法)に基づき、「一般事業主行動計画(次世代法・女性活躍推進法一体型)」を策定しましたので公表します。
 当社は、社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員一人ひとりが様々なライフステージに応じて、その能力を十分に発揮できる働きやすい雇用環境の整備を行うとともに、女性の活躍の促進をはじめ、多様な人材が適材適所で活躍できる環境の構築に努めてまいります。

1.計画期間
 2022年4月4日から2025年3月31日までの3年間

2.当社の課題
 ・一部の部署にて繁忙期の長時間労働が見られる。
 ・女性の採用・就業継続はできているが、管理職が社員構成比に比べて少ない。

3.取組目標
 (1)社員の年次有給休暇、休日出勤の代休等の取得率を改善する。
 (2)所定外労働時間の削減のための施策の実施。
 (3)管理職に占める女性割合を35%以上にする
 (4)育児休業を取得しやすい雇用環境の整備

4.取組内容
 (1)年次有給休暇として夏季休暇5日以上、リフレッシュ目的の休暇(6日間)を全社員が取得できるように対策し、実効性を高める。
 (2)・ノー残業デーの推進や業務の効率化を進めて長時間労働を削減する。
    ・時間当たりの労働生産性を重視した人事評価を図る。
    ・勤務管理者が日々の勤務時間管理を徹底し、長時間労働を事前に抑制する。
 (3)管理職層に対して、コンプライアンスの徹底とともに女性の活躍推進に関する意識向上を図る。
 (4)育児休業・産後パパ育休制度に関する周知と相談体制の整備を図る。

5.女性の活躍に関する情報公表 (2021年度)
 (1)全労働者に占める女性労働者の割合 47.6%
 (2)管理職に占める女性労働者の割合 27.9%