事業内容 DOMAIN

CGシステム部

CGシステム部では、テレビ朝日のCG・テロップを制作・送出するための機器やソフトウェアのシステム管理、ユーザーサポート、番組立ち会いを主な業務とし、日々の放送やCG制作を支えております。

SEや運用スタッフ、CGデザイナーがスムーズにコミュニケーションを取れる環境のなかで、生放送番組に使用するリアルタイム字幕入力ソフトウェアやスポーツコーダーソフトウェアなどCGの制作・送出に関わるソフトウェアや補助ツールの開発も行っております。

“コンテンツ・ソフトウェアの開発”

テレビ朝日クリエイトでは、インタラクティブなコンテンツ開発やモーションキャプチャソフトの開発など、放送品質に耐える、速度、精度、操作性を備えた製品開発のノウハウをもとに、ご希望にあったカスタムソフトウェアの開発が可能です。

<開発例のご紹介>

  • 字幕システム開発
    生放送のようなリアルタイム映像への字幕制作を始め、映画、ドラマ、CM、DVD/Bru-rayといったコンテンツ制作の場でも利用が可能なシステムを開発・提供いたします。
    さらに、遠隔地からの字幕入力機能や、汎用ソフトではカバーできない特殊な入力規則・入力方法などのカスタマイズにも対応いたします。
  • コントロールソフトウェア開発
    ご希望のCGソフト向けに、スポーツ、バラエティ、ニュース、各種インベトなど、使用目的に特化した コントロールインターフェースの開発が可能です。
    また、表示機能のみのCGシステムでも、コントローラー側で、データ集計や条件判定、オンラインデータの取得など、必要に応じて様々な機能に対応が可能です。
    さらに、マウス、キーボードでの操作以外にも、タッチパネル、スマートデバイス、kinect、AR(Augmented Reality)といった技術と連携したコントロールシステムの開発も可能です。
  • コンテンツ開発
    ドラマや映画で描かれる、架空のコンピューターシステムやWeb画面、スマートフォンアプリなど、インタラクティブな操作が可能な演出用コンテンツの開発を行っております。端末1台の小さな規模から、コントロールセンターのような複数画面に映し出される規模のものまで、様々な開発に対応いたします。
  • モーションキャプチャ開発
    デバイスを含むシステムの提案から、希望のモーションデバイスのためソソフトウェア開発まで対応いたします。
    また、キャプチャデバイスとモーションデータを扱うソフトウェアのスムーズなデータ転送を可能にする「MATCHシステム」を開発・販売しております。同システムは、独自のアルゴリズムにより、骨格や体格差も補正します。
    デバイスには安価なKinectを始め、光学式、磁気式、慣性センサーなど多様なデバイスに対応が可能です。ソフトウェアにはAutodesk Maya、MotionBuilderといった3Dソフトウェアを始め、Unityなどのゲームエンジンとも連携でき、完成したコンテンツを多くのプラットフォームに展開が可能です。
    デザインからプログラムまで一つのパッケージとして製品をお届けできます。

<開発製品のご紹介>

  • モーションキャプチャビジュアライズ「MConα」
    販売・サポート:ゼロシーセブン株式会社
    開発:テレビ朝日クリエイト、ゼロシーセブン株式会社(共同開発)
    問い合わせ:TEL:03-3560-7747 MAIL:sales@0c7.co.jp
    URL:http://zeroc7.jp/products/mconalpha/
  • 簡易モーションキャプチャビジュアライズ「MiniCon」
    販売・サポート:ゼロシーセブン株式会社
    開発:テレビ朝日クリエイト、ゼロシーセブン株式会社(共同開発)
    問い合わせ:TEL:03-3560-7747 MAIL:sales@0c7.co.jp
    URL:http://zeroc7.jp/products/minicon/
  • リアルタイム字幕入力「J.E.S.」
    開発・販売・サポート:テレビ朝日クリエイト